物件のエレベーターの有無は重要

物件のエレベーターの有無は重要

引越しの際、4階以下のマンションではエレベーターがないことがあります。

エレベーターはありますか

 

同じ4階に運ぶときでも、エレベーターがあるのとすべて階段とでは、引越し業者の労力が全く異なります。
エレベーターがない4階からエレベーターのない4階への引越しの場合、当然引越し時間もかかりますので早く終わらせるためにはそれなりのスタッフの数が必要となるわけです。
作業の時間が伸びる場合も、スタッフの数が必要な場合も引越し料金が高くなる要因になります。

料金が変わる

その理屈からすると、引越しの際に家財が大きすぎてベランダから吊り上げて入れなければならない場合もスタッフの数が多く必要となるので引っ越し料金が高くなります。
ベランダからの吊り上げは人力とクレーンとがあります。2階くらいなら、人力ではしごを利用して引っ張りあげます。それより高い建物や人が上げられない重い家財はクレーンであげます。

 

クレーン車が必要な場合は、見積もりの際に料金を見積もってもらわなければなりません。そもそも、ベランダにクレーン車を横付けできるかどうかも確認が必要です。
物件によっては、道が狭くてトラックを物件の前に停めるスペースがないことがありますね。そのような場合も、手作業で荷物をトラックから荷車に載せ替えながら運ぶため、多くのスタッフが必要となります。

 

このように、マンションやアパートの立地によって引越し費用が変わることがあるのです。